日本には多くの外国人留学生がいます。各々がいろいろな理由で国内で生活しています。純粋に勉強している人、文化に触れたく国内に来た人、生活の為にアルバイトを励む人がいます。ポケットとしてアルバイトを行ってもらうときに好きなテーマでレポートを書いてもらい語学力やその子の経験を共有する為に行ってます。これは海外の留学生や転職者を雇用する際には大切な事と認識してます。

今回は大学1年生の経済を学ぶ女の子が日本の生活中で感じた印象をまとめてみました。
(提出Wordをそのまま引用してます)本文作成等も本作成です

大学1年生:ベトナム人留学生の見た日本の大切なもの

「日本は好き?」 とか 「日本の生活は どうですか?」とか 時々 日本人から 聞かれます。日本に来て もう 4年間ぐらい 経っていて やはり 慣れる所があるし、色んな 身につける事も 出来ました。しかし まだ 慣れてないものや 理解出来てないもの があります。日本は文化が豊かな国です。その中に 一番強い印象、一番 真似したいというより学びたい事は 日本の サービス、特に 日本人の 笑顔です。

経験値の中で知る笑顔の必要性

確かに サービスという業種は 接客する仕事なので、もちろん 笑顔を 含まれるわけで、「どこでもどんな国にも そういうイメージ やっているじゃない、自分の国にも 勉強できるんじゃないのって」思っている方が いるかもしれないですが、私にとって、自分が 体験したものから 日本人の 笑顔 は 特別です。日本に来て、初めて アルバイトを やってるある店で 苦手な 接客する私は 緊張したり、焦ったり、笑顔 無しで 働きました。その時 店長 が 見られて「 フェン ちゃん 、笑顔、笑顔って大切だよ、 今も 将来にも 接客する時 笑顔であれば、いい子 だと 思ってもらえるんだよ」っと言われました。

外国人が感じる日本の接遇の大切さ

実は自分の気持ち を 隠して笑顔 要られて 接客するのは 非常に 難しいと思います。たとえある日 嫌な客が会って、色んな文句 を 言われて、怒られちゃって、疲れました。その瞬間自然に自分の 気持ちを 管理出来ず、悪い反応 起こる 可能性が高いです。それに 何回も 旅行者として 他の国に 行きましたが、お客に対して サマ(様)と敬うサービス 提供する国 が 日本みたいに多くないです。日本の中 どこに 行っても、疲れても、笑顔を絶やさずにいられて、仕事する日本人に 私が 尊敬しています。

日本人にある建前と本音

自分は日本人の好きな所がありますが、まだ 理解出来てない所もあります。それを個人的に感じた内容でまとめてみた。その事を考えていくと日本の友達とも関係が良くなくなります。
自分なりに調べた上で 結局問題は やはり 本音と 建前 の 文化が 違いところです。

友達の日本人 は 一緒に 買い物に 行く時 私が 何でも 着たら すぐ「 うん、可愛い」とか 「いいね、お似合い!」 とか 言いながらすごい顔の表情を 見せるように します。毎度 会うたびに 挨拶した後 すぐ 「 今日も 可愛いね!」とか 「 ピアス お似合いね!」など 褒めてくれました。私が 料理を 作ってあげた時 相手 の口に 合うかどうか まだ わかってないですけど、友達が 一口 を 食べて終わってないのに「うん、凄い美味しい!」って いつも 言います。

確か その瞬間 私の気持ち が すごく 嬉しくて感動します。しかし、その後 「 悪いところ、いいところ、どっちが? 本音で 教えてくれないと わかない」 思ってます。美しい言葉を くれて幸せですが、はっきり 思ってる事 を 言ってくれないと 、良くない 所 が 直せないし、自分も 誤解しちゃいます。自分国の文化の範囲の中で、私が 考える事を率直に言います。悪い事なら 悪いと言います。良い事なら 褒めます。特に 私にとって 仲がいい友達に もっとも 直接 言います。

人を傷つけない言葉が日本で学んだ文化

たとえ、一緒に 遊びに行く時 もし 友達が 着てる スカート が 可愛くないと思ったら、「可愛くない」「 お似合わないね」「 他の服着てみたら?」っと言います 。もし 貰ったもの が 口に合わなかったら、「これって 好きじゃない」、「美味しくないよね」と言います。そういう言葉を言った私は相手に対して気を使わないかも知れませんが、ただ、この発言の目的のは相手のため、良くないところを直させる事です。
本音で言った事で友達や今後が良くなるようにと 思った内容がどんどん相手との距離や 二人の関係が 距離を作る事にもなり兼ねません。その点が文化の違いと思います。今まで 考えたり、調べたりした上で学んだ事ですが

日本人にとって「 猫をかぶってる」 と 思われても、相手が 傷を付けないだけに、些細な事でも、本当の気持ちを隠して、美しい言葉を 飾ったりします。何しろ その面は日本人のいいところと思います

まとめとして

日本の生活の中では、自分国の文化や 自分の気質 など と 日本の文化を 合わせて、上手く 行くように頑張って 学べます。外国人とういより 個人的な考えた私は 書いたものが ワガママ で 間違いかも知れませんが、外国人であれ日本人でも お互いに わかってもらいたいと思います。これからも日本、日本人が 好きである、出来れば、日本に居たくて、日本の事 もっと 学びたいです。

考察:日本人でも相手の文化を理解せず、外国人だからでなく、寄り添う考えや、文化の違いを把握して留学生生活・アルバイト・就職等今後様々な面で相手の本音や考えを聞き取り、正直な意見で向き合う事で様々な感情や文化が生まれてきます。今後外国人との共生していく文化は更に加速します。その中で彼女のような意見を素直に取り入れていく事は重要です。