外国人採用を検討する前に

日本企業が外国人労働者を受け入れる理由としては、コンビニ様・居酒屋等の企業様に聞いたところ
大きく2つあります。
1つは求人募集しても人が集まらない。日本人の採用単価が高すぎ
2つ目はインバウンドも増えて中で優秀な外国人労働者を日本に取り入れることで、サービスや生産をあげていきたい。特に最近は語学力に担当な外国人が多いです

しかし、外国人雇用はメリットばかりではありません。実際に外国人を採用するには就労ビザの取得や教育研修の実施や教育でも時間が掛かります

外国人を採用する5つのデメリット
  • 就労ビザの取得手続き
  • 教育面で時間が掛かる
  • 習慣の違い
  • 伝わらない事の問題
  • 会社をやめるリスク
1. 就労ビザの取得手続き

外国人労働者を雇用する際には、ハローワークへの届出や雇用契約内容と在留資格の兼ね合いの確認など、日本人を雇用する場合と比較して手続きが若干を多いです。留学生の場合は時間内での制限で雇用は比較的楽です。正社員になると資格の変更等で学校の証明書・成績・内定通知書等企業側・本人側で用意する資料が多々あります。手続きの時間や年間所得の問題等(課税証明書等)用意するものも多く、採用が初めての方は苦戦します。行政書士や社会保険労務士の専門家にアドバイスが必要ですが当社なら、そのようなものサポート可能です

2. 教育面で時間が掛かる

各業界によってビジネスのみで使用する専門用語などもあるため、外国人社員向けの定期的な日本語研修が欠かせません。しかし現在はビジネス日本語研修やマナー研修等も当社はパートナーが多数いますので貴社にあったサービスを提供可能です

3. 習慣の違い

外国人は残業が必要な雰囲気のなかでも定時通りに帰ったり、正確な時間通りに動いてくれないことがあります。面談にもよく遅刻します。
採用後も時間通りに出勤しない人いたりはします。それは文化の違いですが、求人会社からも当社もよく怒られますが・・・

4. 伝わらない事の問題

言語の違いや慣れない環境で仕事をすると上手く相談できないためストレスが溜まりやすくなります。せっかくを採用しても離職を早めてしまいます。出来る限り積極的にコミュニケーションを図ることが重要です。業種によっては日本語スキルをさほど必要としないこともありますが、コンビニ・居酒屋でも名前で呼んであげて定期的な面接も必要です

5. 会社をやめるリスク

外国人にとっ日本特有の労働問題も多数あります。外国人労働者を単なる労働力と見てしまうと、技能実習生の失踪ニュースや採用後に会社に来なくなったとかあります。日本人と同等の扱いをし、快適に長く働いてもらえるような労働環境作り・職場作りが大切です。

 

まとめ

このように外国人労働者の採用時は多くのコストがかかりますが、ただ行政書士に依頼したから終わり、採用後は社労士に任すのではなく、会社とて採用に掛かるトラブル等もやメリット・デメリットを考える必要があります。

外国人の為の生活安心ガイドブックのご購入はこちら
日本での生活を1冊まとめたベトナム語と日本語のガイドブック