外国人を雇用する際は、在留資格や日本語能力の確認はもちろん、異文化に対する理解や社内の受け入れ態勢なども十分に整備する必要があります。201941日施行となったことで、5月31日大学卒業者への在留資格変更等様々な内容が多きく変わってます。今回は改正法の内容を踏まえたうえで外国人採用において注意したいポイントをまとめてみます

外国人採用において注意したい7つのポイント

外国人採用においてぜ注意点は大きく7つになります

  • 採用したい人の人物を理解する
  • 価値観が日本人と違う事を理解する
  • 日本語力の能力がどれぐらいなのか
  • 在留資格が何になっているのか
  • 外国人だからの固定観念を捨てる
  • 会社内でサポートできる体制
  • プライベートもサポートしてあげる体制

それぞれのポイントについて詳しくご紹介していきます。

1. 採用したい人の人物を理解する

外国人人材を受け入れる際は仕事内容のミスマッチによるトラブルを防止するためには、あらかじめ任せたい仕事内容や役割、どんな人物像を求めているのかを明確にしておく必要があります。指揮命令を的確に入社の時点で説明してあげて、この仕事はあなたの仕事ですからと教えてあげる中で本人との面接の中で聞き、採用後の面談等を何回か行ってあげた中でその方のスキルに合うように調整が必要

2.価値観が日本人と違う事を理解する

曖昧な表現をニュアンスで理解することが求められる日本人と、はっきりと相手に意思を伝える外国人との間では、労使間の間でトラブルや内容共有を図れないことがあります。具体性がない指示は控えるようにしましょう受入側が人材の出身国や風習・宗教・文化に対する理解を深める。 簡単に言えば 「あれやって」 「それやって」とかはダメです。「このラーメンを5番のテーブルに早めに運んで」とか明確な指示が必要です

3. 日本語力の能力がどれぐらいなのか

日本語能力検定が目安ですが、日本人と同じで英検3級でも1級レベルで話せる人もいます。試験なんてうけてないけど話せる・書く事も出来る人もいます。あくまで試験は目安ですが、入管法では日本語レベルの確認が在留資格にも直結するため、日本語力の向上は人材を確保し、育てていく上でも必須の作業となります。アルバイトでもN4等に方がいたら正社員にするには最低N3以上の試験合格が必要です。勉強サポートも雇用者で手伝ってあげるとなおいいです

4. 在留資格が何になっているのか

在留資格が予定する業務内容に適するか否かを確認することになっていますが、人文知識の資格でレジでお会計の処理等は単純的な仕事です。
アルバイトで雇用時間をオーバーしてる等まだまだ知らない人も多く各業種に求められる日本語や技能の具体的なレベルが示されることになっており、在留資格の詳細が明確になります。特に今後特定活動採用が始まる中で知識を持つことは大切です

5. 外国人だからの固定観念を捨てる

国籍を理由とした、賃金、労働時間その他の労働条件で差別的取扱いをしてはならないことが明記されていますが、よくベトナム人?ダメだよとか聞きます。外人だから安く使えるよねとか聞きますがアルバイト、技能実習生の低賃金問題など、頻繁にニュースになってます。
あくまで日本人と同等での雇用が必要です

6. 会社内でサポートできる体制

外国人人材を受け入れる際には、日本語習得への強力なサポートに加え内の受け入れ体制を整える必要があります。
今後、特定技能ではこの面が登録支援機関でサポートが可能になります・技能実習生から移行する人材を含め、監理団体での問題が今度は企業内で起きる事も予想されるため、今から外国人採用を始め 環境になれる事です

7. プライベートもサポートしてあげる体制

外国人労働者が日本の社会に馴染んでその能力を十分に発揮できるようにするためには、仕事だけではなく生活面でのサポートも重要となります。日常の会話に始まり、住環境等の相談等業務外でも

まとめ

?はじめて外国人人材を受け入れる際は不安な点も多いかと思いますが、上記の点に注意しながら取り組むことで、雇用後のトラブルも当社ならサポート可能です。法令への対応はもちろんのこと、外国人採用の体制を当社はサポートできます

外国人の為の生活安心ガイドブックのご購入はこちら
日本での生活を1冊まとめたベトナム語と日本語のガイドブック