居酒屋やコンビニ様でも外国人の採用が増えていますが、特に少子高齢化に伴う労働力不足が深刻化し、氷河期の時の世代等の転職等も活性化している中で、新たな採用ターゲットとして多くの企業から注目を集めているのが外国人です。国内ではなかなか採用しづらい若手人材がメインで、労働意欲も高く語学力も高い外国人人材は、幅広い業種・規模の企業から多くの期待を集めています。

しかし、はじめて外国人採用を検討されている経営者や人事担当者の皆様の中には、外国人だからなぁとか、何か違う偏見を持つ人が多いです外国人人材の採用が事業に対してどのような好影響を及ぼすのか、そこで、今回はまだ外国人人材の採用経験がないという方向けに、外国人を採用するメリットを詳しくご紹介します。特にアルバイト採用から外国人の採用を進めて今後活用が期待される特定技能等の知識をつけると採用も楽です

 

外国人を採用する5つのメリット

外国人を採用するメリットは、大きく上げて下記の5つが挙げられます。

  • 優秀な人材に巡り合える
  • 若手人材が多数います
  • 知らない文化や交流が企業活性になる
  • 多角的な視点からアイデアが生まれる
1. 優秀な人材に巡り合える

優秀な人材の確保は企業の発展に欠かすことができません。今後は日本市場が縮小し、経済のグローバル化もますます進行することを考えると、日本人のみで組織を作ることは今後の企業運営において大きなリスクになりえます。

実際に、在日外国人はどうででしょうか? 日本語学校で勉強しその後に専門学校へ行く方も多く、特に来日する前は現地で大学卒業しています。 教育課程でいいますと 25歳・26歳まで学校等で専門知識を勉強している人がたくさんいます。

もちろん学歴が全てではありませんが、日本の人材採用ばかりを考えてる企業様も多数いらっしゃいますが、優秀な人材を逃すことになります。国籍にとらわれず、人材採用を考えることで、より優秀な人材と巡り合える可能性があります

2. 若手人材が多数います

外国人採用の場合は、2030代の若手人材を採用しやすいというメリットもあります。
日本の平均年齢は46歳なのに対し、東南アジア諸国ではベトナムがと非常に若くなっており、豊富な若年労働力を抱えています。また、彼らにとって日本は働きたい国の一つであり、就労意欲が高い点も魅力的です。技能実習生とは違い在日で勉強した人たちの為通常会話に困る事はありません。日本で働くことで本人だけでなく家族も経済的に潤います。そのため、意欲をもって仕事に励む外国人労働者が多く、貴重な戦力としての活躍を期待することができます。

3. 知らない文化や交流が企業活性になる

皆さんの知らない価値観を持つ外国人を社内に受け入れることは、社内の活性化になります。日本人だけのチームでは決して生まれてこない柔軟な発想や新しい仕事の取り組み方など、外国人人材から学ぶべき点が多くあります。特に当社でも外国人の女の子から学ぶ事が多々あります。専門知識だけでなく、相手にどのように物事をわかりやすく伝えるか等のスキル等も向上します。

まとめ

外国人採用にあたっては「日本企業での働き方に対応できるか」「言葉の問題はないか」「日本人のような勤勉さはあるか」など頭を悩ませる問題もあるかと思いますが、実際に外国人を受け入れることで、そのハードル以上に多くのメリットを実感することができるようになるはずです。

外国人の為の生活安心ガイドブックのご購入はこちら
日本での生活を1冊まとめたベトナム語と日本語のガイドブック